舞い戻る烏

んなわけで、着物屋さんに行ったんである。
そ・し・た・ら。
烏羽織がそろえてあるではないか!
全4色のところ、一種、ベージュに黒だけは手に入らなかったそうなんだが、
3種。
店の奥のマネキンにコーディネート済みで、私を待っていてくれたのだ。
グッジョブです。

一目見た感想は、思っていたよりいい!
烏はべたっとしたプリントっぽくなく、手書きの水墨画のように、ぼかしやかすれのあるタッチ。
仕立ても袖丈を一尺五寸と長めで優雅(現在一尺三寸(49cm)が基本)、そこで着物の袖が出ないように、振り口にくるみボタンがつけてある。

3色は
藤がかったライトグレーに黒烏
瓶覗に黒烏、
墨黒に薄紫の線画の烏

ええ、もう、とっかえひっかえ、試着してやりましたよ。
グレーは一番きれいなんだけど無難
瓶覗は思っていたよりきれいだけど、着物を選ぶかな
黒は粋でかっこいいんだけど地味
店員さん、他のお客さんみんな巻き込んで、ああだこうだ。
店員さんと私とで3人、羽織って並んでいると、まるでレディースかよさこいのようだった…。

ところがそこへ意外な伏兵が。
羽織だけと思っていた烏柄、小紋での展開もあるらしい。
着物なら袷時期ずっと着れる。
羽織は11~2月のせいぜい4ヶ月。
一瞬迷ったものの、羽ばたく大柄の鳥は羽織に似合うのだ。

しかしちょっと待て。
買うのか、諦めるのかって話はどこへ?

今回実家帰って、野菜を送ってもらうことを約束、暖房器具はホットカーペットを持ち出し、電子レンジの使ってないやつを無心し、洋服はどうにかするし、額縁もまあ、なんとかなるよね?
いいんだも~ん、も~ん。

ブランドプレタ品って、ポリ素材のくせに高いし、正絹の職人物より数が出回るし、知っている人にはすぐ分かるし、
特に他にはない個性柄、好きな人は絶対飛びつくので、下手したら同じ羽織ですれ違うなんて事もありえる。
それはこういう洒落物を好む人間にとって、とってもイヤなことであり、だから私はめったにブランドプレタは買わないんだが。
さすが岡重、プレタでもいい出来なんである。
しばらく、久々の醤油飯が続いてもいい。
買っちゃったのだよ~。

で、うちの子になりました烏ちゃんたちです。


いやあ、浪費、浪費(涙)

ちなみに岡重さんは、大正柄復刻のオサレな型染め正絹高級長襦袢地で有名で、同柄で風呂敷やバッグなどの小物を出していらっしゃると思ったら、今夏は浴衣を展開、そのどれも独創的な柄と色遣いがすばらしいメーカーさんです。

飛び去る?烏

烏の羽織の続きである。
たった3日間。
たった3日間ですよ、奥さん。
迷った末に、とりあえずこの日曜に見せてもらえるかしらと着物屋さんに連絡したら!

メーカー在庫切れ。

欲しい方のグレーに黒の分は方々の卸屋さんを探索中だけど、とりあえず水色地のしか押さえられなかった。

んでもって、再販するかどうかはメーカー検討中だが、再販決まったとして次回出荷は12月中旬以降とな。

いや~ん。
だが、これは諦めさせてやろうという神の啓示か。
無理してでも欲しいものを、無理して買うことないってか?
とにかく見に行くぜ。
ついでに洗いに出したい紬もあるし。
んなわけで、ひさしぶりののんびり週末は、姫路へ帰ることとあいなりました。
作品展の準備は来週三連休にがんばろー!と先延ばしか…。

烏の羽織の誘惑

烏が飛び交う柄の羽織がプレタブランドから発売されたようなのである。
夏の段階でメーカーの発表会チラシのコピーをどこかでちらっと見て、「うおっ」と心をわしづかみされていたんだが、
そのことをいつもお世話になっている着物屋さんに吹き込んでおいたら、見つけてくれたんですな。
これかしらとの画像とまた見にきてねのメールを頂いてしまった。
行かねば!
あら、その前に値段をば…とお伺いすると、安くない~!
いや、これぐらいかなと思ったよりは少し安かった。
でも高い!

この羽織より前から欲しいもの。
●秋冬の洋服
●電子レンジ
●新しいパソコン
●大きいトレースボックス

今買わないといけないもの
●秋冬の洋服
●展示会のためのたくさんの額縁一式
●暖房器具

その前になによりしないといけないこと。
●貯金しろ

うおー。
羽織が一番いらないものだし、役に立たないものだ。
でも、でも。
今年も冬のボーナス、てか寸志、ほぼないんだろーな。
世知辛い世の中だよ、烏ちゃん。

関西コミティア終了

そんなこんなで、無事関西コミティア33も終了いたしました。
たくさんの方に御覧頂き幸せ~な4時間でした。
お声おかけ下さった方、お買い上げくださった皆様、本当にありがとうございました!

イベント参加も回を重ねると作家さんに顔見知りの方が増えてきて、半年、一年ぶりの再会がいくつか、それもまたイベントの楽しみです。
昨年東京のイベントで初めてお会いしたせんべぇさんも出展されていて、このたび童話の挿絵の仕事(『完訳・グリム童話』1巻660円(小学館))をされたとのこと、ご活躍は嬉しいものです。
せんべぇさんは一見山男のよう(失礼…)なのに、繊細で素朴、優しい絵を描かれます。
書店で是非手に取って御覧下さい。

しかし今日はイベントではりきりすぎたため、夕方から行こうと思っていた怪談社さんの怪談会に行けなかった…。
体力なさすぎてしょんぼり…。
これから冬なのに怪談幻想系の作品構想があるので、そっちの気分盛り上げたいです。

さて、一息ついたら11月の作品展に向けての準備始動です。
印刷物と違って原画勝負、私にとっては大一番です。
イベントでいただいたエネルギーを元に新作、展示できるようにがんばります!

関西コミティア33と方向性

今週末のイベント参加のお知らせです。
関西コミティア33にPloP SYSTEMsでサークル参加します。
10/19(日) 11:30~15:30
大阪谷町線天満橋駅最寄りのOMMビル
スペース H-34
既刊/イラスト集の錆5と絵はがきセット「花ヲトメ」「あこがれ」
新刊/絵ハガキセット「てふ・こてふ」
シングルカットの絵はがき、A4版等
持って行きます。よろしくです。
お気軽にお声おかけ下さい。

6月のコミコミより、これまで錆という冊子の形で出していたノンコンセプトイラスト集を一時休刊して、新刊をコンセプトありの絵はがき集として出すようになりました。
私の絵がコート紙にオンデマンド印刷では再現が難しく、比較的コットン紙にインクジェットの風合いが作品の方向性に合っていること、イラスト作品を鑑賞だけでなく生活空間で飾る、使うという提案をしていきたいことが理由です。
冊子と言う形を好まれる方もいらっしゃるのですが、よろしければ、一枚絵でしかできない楽しみ方も探していただければと思います。

ま、私自身「しまい込むには惜しい、飾りたくなる作品を発表すること」が一番の課題なわけです…。

これが終わると作品展までしばらくごろごろしてます(汗)
プロフィール

まがね

Author:まがね
絵描き奥田鉄の錆屋へようこそ。ゆっくりしてってね~。
ギャラリーはこちらです。
錆屋

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる