来月と来年の話

来月。
15日の東京コミティア。
参加はまだ決めてないのです。
出るとしたら、スペースは「す17b」です。
これまでの絵はがきセットと、新旧作の絵はがきをバラで。
錆はもう残部がわずかなので持って行かない。
原画はどれか一枚展示予定。

もっと近くなって、その時、東京まで出かける余裕があれば参加します。
スペースにいたらよろしくです。


来年。
今住んでいるところは会社で借りていただいたアパート。
家賃の補助のこともあって、今年中にこのままいるか、他の町へ引っ越しするか、田舎へ帰るか、の選択をしないといけない。
会社の仕事は、ずっと続けたいのだ。
昨年は急な転勤と転居で仕事と環境に順応するのに必死で、気持ち的にゆとりとか余裕を失ってしまっていたけど、一年こなした今、やっとそれ以外のことを落ち着いて考えられるようになったのもある。

このまま好きなことだけしてなりゆきでいいやと思えたらいいけど、ちゃんと考えないと、きっと取り返しがつかなくなってから後悔するだろうな。
なんて、何でも堅苦しく悩むからいろいろうまくいかないのか。
いつも考えすぎて望んだようにならないことが多いから、時に勢いってのも必要かも。
結局は決めるのは自分でないといけないけどね。

落語会のお知らせ

お世話になっている方からお知らせ頂きました。

来月2月19日(木)の夕方からお暇な方は是非、ワッハ上方亭へ。
「落語・したて噺の会」が18:30開場、19:00開演であるそうです。
1500円(当日1800円)。
笑福亭純平さん、達瓶さん、瓶生さんの三人四席の落語会。

http://www.wahha.or.jp/4Fsyouenngei/syouenngeijyou-next.htm

行きたいのだけど、平日だけに、私は行けるかどうか微妙なところ。
ご都合のつく方は是非お越し下さい。

おでかけ小紋

鬼縮緬にしぼり柄の小紋。
地色は黒みがかった深い紫(ドドメ(桑の実)色ってやつかな)。

帯は…ちょっと大人しめにやるならこの博多織の名古屋帯。
色は渋いけど、現代感覚でモダンなとてもいい帯です。


華やかなら、こっちの袋帯。
問屋さんの蔵からでてきたアンティークの帯皮を仕立てていただいた物。
小紋との雰囲気から感覚的にはこっちの方がしっくりくるなあ。


上の名古屋はシャレものだけど、下の袋帯よりン倍のお値打ちもの。
本当は雑誌でこれの色違い、白地にパステルカラーの柄のを見て一目惚れしてたのだけど、とても手の出せるお値段でなく、即決で諦め、数年後。
わけあってか、色違いのこの子が仕立て上がりで、その辺のセレクトショップの洋服程度で出ているのを見つけた。
おかげで、身の丈にあったお値段でうちの子になってくれました。
世のご縁とはそういうもののようです。

しかしいつまでたっても着物のお値段って????

源氏物語考

急ぎのカットイラストが一段落したので、年末にご依頼いただいたB2の制作にかかりました。
源氏物語の朝顔の一場面をイメージのお題ですが、そこは幻想画でありますので、正統派の大和絵のようなものにはなりませんし、時代考証とかまあ、そういう細かいこともしません、と断言してしまっていいのか(笑)
物語と今とがシンクロしているようなものをと思います。

朝顔は見た目の美しい場面ではありますが、いつものように浮気した光源氏が、嘘と真実をまぜつつ紫の上のご機嫌をとるところ。
機嫌をとりながらも、紫の上を初恋の人・藤壺に似てるから愛しいと、一番残酷なことをふと考えるところ。
そういう時代であったとはいえ、人の根本的な感情は変わらないもの。(だから古典は今でも面白いわけだし)

でも、男はいつの時代も「しょうがない愛しい人」なのかもしれない。

ともあれ、描きたいと思います。

原点回帰


2月イベント用の陰気系シリーズのラフ。
「恋人に裏切られて首をくくった乙女の幽霊図」(嘘)
幸せが似合わず身に付かない生まれもあるそうです。

実は楽しいイメージを描くより、籠ったものの方が自然体で描けてしまう。
こういう世界が私のベースにあるのでしょう。
明るい乙女絵を描いてもどこか湿っているのは、そのせいかもしれない。

本日のお召し物



先日の半幅帯に、竹垣に雀柄の大島紬。
七マルキの大島ですが、優色大島というシリーズで、一般的な泥染めや藍染めではなく、柔らかな多色使いです。
桃色等も折り込まれているので渋くなり過ぎず、柄的に珍しい、かわいらしい大島と思います。
お正月も三日目なので、晴れ着ではなく普段っぽく紬に半幅帯で。

あけましておめでとうございます

2009.jpg    09nenga.jpg
09年賀状の下絵と彩色済み印刷用

本年もどうぞよろしくお願いします。
プロフィール

まがね

Author:まがね
絵描き奥田鉄の錆屋へようこそ。ゆっくりしてってね~。
ギャラリーはこちらです。
錆屋

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる