スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アートイベントのご紹介

和伽人形師の亀井潤さん(http://www.jtw.zaq.ne.jp/fff)の作品が出展されるイベントのご紹介です。

「アートピクニック」
■本日6月17日(木)~21日(日)
■京都のギャラリー花いろさん他
花いろさんHP(http://www7a.biglobe.ne.jp/~anrakuji/hanairo

いろんなアーティストさんの出展やパフォーマンスがあるそうです。

今回は亀井さんのご厚意で、可憐な娘さんたちの浴衣の柄の原案をちょこっと出させていただいて。
ええ、原案だけです。…すみません。
大変な試行錯誤にて制作される亀井さんにメールでしつこくチャチャ…もとい熱い声援を送りました。
それだけです。

しかし!
亀井さんの作品はすばらしいのです。
私の勝手なイメージですが、日本人女性として余計な美化のないナチュラルな美しさに、土着的な空気を纏った生々しさがあります。
ご都合のつく方はぜひお出かけください。
スポンサーサイト

岡重の浴衣


岡重の綿絽のゆかた。
生成り地にとても繊細な黒いトンボ、橙と苔色の波柄。
先だっての着物屋さんでの原画展示の時についつい購入。

個人的に浴衣というものは心もとないと言う気がして、暑いのに下に長襦袢を着てしまう。
それに綿・麻素材のしわしわが苦手。
だからと言って滝のような汗をかく季節、正絹は家で洗えないから気軽に着るわけにもいかない。
そんなわけでここ数年、浴衣というよりポリのセオα素材の、夏着物として着れる物を買っていた。
それはどんなに欲しい柄であろうと、綿だという理由で買わないというぐらい。
が、今年はとうとう綿素材を買ってしまった。
しかも、同柄でポリ素材があったにかかわらず。

同じ柄でもポリと綿ではその色の発色、風合いが全然違ってしまう。
特に、渋めの彩度が抑えてある微妙な色合いならなおさら。
ああ、この柄は綿の方でないとだめだ。と思った。
ポリの方の鮮やかさが、並べると私の目にプラスチックっぽく映ってしまった。
たぶんこれはCGとアナログの絵の違いと同じ理屈。

合わせている帯も綿麻素材で、臙脂と黒、生成りの市松柄半幅帯。
今年は珍しく天然素材の夏でいきます。

そういえば…青々庵から出ていた白地に藍で格子とヘチマ柄のも綿で…とても素敵だったなあ。でもそこそこのお値段だけに両方は買えない(悔)

コミコミ13終了

コミコミ13にサークル参加して参りました。
会場のインテックスでは、違うホールで就活説明会をしていて、ニュートラムを降りてからの道々、前を歩いていたモデルさんのような超スタイルのいい、髪の長い女性のリクルートスーツ姿にくらくらしました。
ああ、あんな体系に生まれていれば…着物は着辛かったに違いない。
本日は生成り地に灰緑で滝縞にしゃれこうべや蜘蛛の描いてある薄物に、塩瀬の鉄紺地に蝙蝠の帯でした。

コミックコミュニケーションは数年前、私が初めてサークル参加させていただいたイベント。
以来毎年お世話になっている。
他は創作系しか出た事無いのだが、今まで参加した中ではコミコミの、皆が楽しそうで角の無い居心地の良い雰囲気が一番好き。
時々お手伝いにきてくれる友達が今日は用事でこれず、一人だったのでほとんどうろうろできず。
出足はいつもどおりロースタートながら、以前より応援下さっている着物仲間さんが来て下さって、元気をいただく。
開催中、いろんな方が足を止めて御覧下さった。
いつもより男性の割合が多かったな~。
絵はがきセットやバラの絵はがき、A4サイズのものをまとめて購入くださった方が何人もあって、びっくりやら嬉しいやら。
思わず「いいんですか!?」なんて訊いてしまう。
そして金額の足し算がしどろもどろ。
依然冊子の方が手に取りやすい傾向があるのだけど、絵はがきセットという形にまとめるようになって、眺めるだけの絵ではなく、使うための絵、飾るための絵としてのイラストを提案したいと思っているから、これほど嬉しい事は無い。
そしてCGがほとんどとなったコミック系カラーイラストで、手塗りの作品を目に止めて下さるありがたさ。
新作の「モガ」セットと前作の「てふ・こてふ」の持って行った分は完売、少しだけ残っていた錆5も、本日で全完売となりました。
本当にありがとうございました。
そしてスタッフの皆様、参加されました皆様には、暑い中お疲れ様でした。

なかなかモチベーションが保てなくてうじうじしてしまうのだけど、こうして喜んでいただけてるのかも~と実感すると、次何描こうって考えている自分がいる。
現金なことです。
デパ地下g売りのゴージャスサラダとお酒をちょっと、近所の大好きなケーキ屋さんでケーキたくさんを買って帰宅、一人お疲れさん会。
少し休んだらまた描こう。

次参加するイベントは、秋の関西コミティアかな。
大阪出て来て何がいいって、大阪のイベントに参加するのに、朝7時に家を出ないでいいことです。

最後の一枚


明後日のコミコミ13での「イベント参加恒例・原画1枚展示」はこれのカラー原画を展示します。
今回はなんと、一日早く出品材料が上がったのです。
イベント参加十ン回にして初めてのことです。
奇跡です。言い過ぎです。
もっと早く仕上げてしかるべきです。

今回の新作・モガは、情感より色と輪郭が重視で、ぼかしやグラデーションは抑え気味の、ポスターっぽいペタっとした彩色を意識してあります。
だからいつもとちょっと感じが違うかも。

イベントが終わったら、後回しにしてしまったお仕事のイラスト制作をがんばらねばなりませぬ。
それが終わったら…夢にまで見た遊びほうけ期間です。言い過ぎです。
またしばらくゆっくりします。
昨年半ばよりこっち、人的理不尽続きで、心が限界を通り越してしまった。
プロフィール

まがね

Author:まがね
絵描き奥田鉄のインフォメーションブログです
錆屋制作所のページに戻る

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。