弁慶格子の浴衣

体調崩したって好きなものは好きなんで(笑)
着られるかどうかは別として、今年の浴衣はこのシンプルなモノトーン。

浮世絵なんかではよく見るのに、ありそうでなかったこの大きさの弁慶格子柄。
浴衣でも着物でもいいから欲しくてずっと探していたのですが、
小田章さんとこの金子國義氏デザイン2011新作で発見!
今年着れなくったって、来年があるじゃないか、売り切れて泣くよりいいじゃないか
(いやしかし、休職してるのにこういう道楽をする余裕ないんだけど)

いいじゃん!

てなわけで。

シンプルだけにどんな帯でも合うし、帯次第でイメージがらっと代わるんだね。
ただ私は、粋でかっこいい!というとこに惚れてる弁慶格子だから、
かわいいとか優雅より、メンズライクでハンサムに着たく。


コーデその1
こっくりした錆朱の博多半幅帯とくすんだ狐色のハンチングで


コーデその2
クールグレー地に烏の半幅帯(裏は黒とウォームグレーの市松・ひさかたろまん)、中に襦袢を着て半襟で注し色の着物として。
066.jpg


まあ、私の好みはコントラストがはっきりした感じなんで、こうなる(笑)
帯は少し低めに締めてやの字や貝の口、小さめに結ぶのがいいね。

正直言うと、病気療養のために長かった髪をベリーショートにしてしまったというのもあり、
結い上げたり髪飾りができなくなったのでかわいいコーデは無理、
帽子被ろう! いっそハンチングがいい、と。


今はまだ体を締めたり汗をかくのがイマイチなので、着られるとしたらもう少し先か来年になりそうだけど、
好きなものは見てるだけで幸せだね。

そういえば着物は京好みや大正ロマンが好きだけど、浴衣は断然江戸好みがいい。
三勝さんや竺仙ね。
金子國義氏のラインナップは江戸古典の粋で色っぽい、歌舞伎なものばかりで、どれもいいなあとうっとりしてしまう。

ああ、早く着て出かけたい!

受賞と海外展示

長くお休みをいただいてご心配かけております。
体調は、薬をずいぶん減らすことができ、小康状態を保てるまでに回復してきました。
まだ日常的なケアは必要ではありますが、
それは今後ぶり返すことがないようにずっと心がけていく生活習慣でもあり、
このまま寛解にまでもっていけたらと思っております。
とはいえ、焦らず。

努力と根性のスポ根的三つ子の魂をもっていると、
体の限界より精神力が勝っていると、どこが自分の限界か見極めることができずに、
突然全く動けなくなって初めて気がつく、という情けないことになります。
無理できる歳でもありませんので、
これからは、限界の手前で退却をする、そもそも無理をしない、を合言葉に(笑)

お休みをいただいている間に、
コミックアートフェスタの第二回国際コンペでホルベイン工業賞をいただきました。
6月11・12日に大阪梅田で行われた授賞式はもちろん、フェスタ展示すら出席できなかったのですが、
大盛況だったとのこと。

賞をいただいた作品は、体調が急降下の最中に描いたもので、
本音を言えば時間も集中力も全く欠いた、泣きたい仕上がりで申し訳ありませんです。
でも、心より嬉しく、本当にありがとうございました。


それから、ただいま海外はカナダ、ルーファス リン ギャラリー様にて
7月29日まで、1点展示いただいております。
お近くの方は是非(笑)

Rufus Lin Gallery    
415-5811 Cooney Road
Richmond BC, V6X 3M1, CANADA
プロフィール

まがね

Author:まがね
絵描き奥田鉄のインフォメーションブログです
錆屋制作所のページに戻る

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる