普通の女の子に戻りますin神戸

神戸~泣いてどうなるのか~捨てられた我が身が虚しくなるだけ~

はい神戸は三宮を荒らしに行きましたです。
同行は同級生の一般人女性をやっているミキちゃん。
今日はプラモもアニメもメイドもなし。
普通の女の子の一日レポートのはじまりはじまり~。

まずは本日の出で立ち。いでたち

翼竜展にも着ていった銘仙と、帯だけ黒繻子に狛犬の渋いやつに変えて。

●ツアー計画表
「靴と鞄見に行きたい!私は鞄と靴には弱いのさ!んで今はブーツ欲しいの!行きたい店あるんやけどどこかはっきりわからへん。トアロードの方やった」
「あのね~本屋に行きたいの、それから紙を買いにユザワヤ。でもその前にお腹空いた!あ、その前に行きたいところがあるの。ちょっと散らばってるけどいい?」


そんなわけで、その前に行きたかった場所へ地図片手にうろうろ。
場所というのは貸しギャラリー。
何にも決めてないけれど、おいらもそのうち作品展したいと思いつつ、それならば神戸より東でと思うので、いくつかネットで調べておいたのだ。
料金とか使用条件とか立地とか中の雰囲気とか。
人通りの多いにぎやかなところは料金設定が高めだったり、必ず会場にいないといけなかったり、ちょっと雰囲気があわなかったり。
安くていい雰囲気のところがあっても駅からぐっと離れて分かりにくく、人通が少ない。
今回ここじゃーというところはなかったけど、ぼちぼち探すつもり。

うろうろしながら、ミキちゃんにお見合いの首尾についてしつこく詮索。
いやそうに答えられた内容をまとめてみると
「超お買い得物件だったけど、たった一つの欠点がどうしても許せない一点だった。もう会う気はないけれど仲人さんの手前、空中分解とはいかず、きちんと断らないといけないのが気が重いわ~。」
ミキちゃんと相手のコードネーム布袋さんに幸あれ。
男女とは難しいものですなあ。

で、昼飯はイタリアンでパスタ麺をすすってきました。

その後お洒落通りのトアロードを目指して生田ロードを横切ると…
生田神社

今年有名になった神社ですな。
何の祭りイベントもないのにものごっつい参拝の行列ができておりましたよ。
このカップルどもめ!滅びてしまえ!(冗談よ?)

トアロード沿いのこじゃれた鞄・靴屋さんを気の向くままに荒らしていく。
ミキちゃんは足の形が特殊なので、気に入ったからと言ってすんなり履けないと言う靴難民の試着の鬼!
あ、特殊と言っても踵から後ろ指が伸びているとか水かきがあるわけじゃないんだけどね。
何もかも日本の人として庶民サイズなおいらにとって、未知の領域に達しているそのこだわりにはシャッポを脱ぐよ。
てか、お出かけはゾーリ主体だからここんとこ靴の試着なんてしてないや。

しかし今年流行りというブーティってどうなの?
あれ、本当にかわいいのかしら。

念入りに試着するミキちゃんを眺めつつ、恰好からして靴を買わなさそうな私には店員さんもかまいにこず、試着した姿を「どう?」と見せるミキちゃんに「かわいいぞ、このやろう」と合いの手を入れる時だけ、「そうですよね!お似合いですよね!」と、同調してくる。

何も買わないままトアロードを下ってみんなのデパート・大丸の靴売り場。
靴の産地でもある神戸だけあって、靴売り場広め?
ここでもブーツを物色するミキちゃんとその後ろで口だしする私に、年配の女性店員が近付いてきて「あちらのベンチで試着なさってくださいね~お母様もご一緒にどうぞ」

お母様って誰のことざますか?
ミキちゃん、小さくてかわいいから幼稚園児に見えたのかな。

時はすでに夕刻。
妙に人通りが多くなってきて、移動も不自由になってきた。
クリスマス前だしな~と思ってたら、そうだ、ルミナリエ期間だった!
気が付いたらもうもの凄い人混み。
うじゃうじゃとこのカップルどもめ!地獄に堕ちろ!(ホントに冗談よ?)

お茶するにもどこも満員。
地下のこじゃれてない茶店でケーキセット。

さらにふらっと寄った靴屋で、とうとうミキちゃんに運命のブーツとの出会いが。
手持ち無沙汰の私に、店員さんが暇つぶしにと「誕生日辞典」なる本を貸してくれた。
これは365日分、その日に生まれた人の性格から何から何まで看破した上、人生のアドバイスをくれるという、世界の人類を365種類に分けた大胆な本だ。
そのずけずけとした断言口調、恐ろしいまでの洞察力。
えーっと、そんな気がするを通り越してかなり当たってますね。
おいらに関してはミキちゃんのお墨付き。
覚えているだけ挙げると、
「人付き合いが下手!気を許したごく一部の人だけを超大切にして生きていく!あまりに独特の感性故のユーモアセンスは万人ウケしない。落ち着いて生きていきましょう」


そして本屋を3件はしご。
何でかな~。
本屋ってどこも基本同じものを売っているのに、何軒はしごしても飽きないの。
イベント準備の間は本屋にすら行かなかったから、その間に出て気が付かなかった続刊がたくさんでているのを発見。
漫画と小説をちょいちょい。

あとユザワヤで水彩紙を購入。

夜。
飯食って帰ろーぜ~と言う物の、飯屋も混みがち。
簡単に済ますつもりが、写真からは計り知れなかった思いがけないボリュームで腹いっぱいにしてしまった。
そういや、ケーキ食った後だったよ…。

めし
夕飯。


ルミナリエの出口が三宮なんで、駅前は帰りの客でぎゅうぎゅう。
ああ、なんかデジャヴ。
そうだ、先週の京都帰りだわ。

でもほら、終わってみればちゃんと計画通りの一日でしょ?
プロフィール

まがね

Author:まがね
絵描き奥田鉄のインフォメーションブログです
錆屋制作所のページに戻る

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる