岡重の浴衣


岡重の綿絽のゆかた。
生成り地にとても繊細な黒いトンボ、橙と苔色の波柄。
先だっての着物屋さんでの原画展示の時についつい購入。

個人的に浴衣というものは心もとないと言う気がして、暑いのに下に長襦袢を着てしまう。
それに綿・麻素材のしわしわが苦手。
だからと言って滝のような汗をかく季節、正絹は家で洗えないから気軽に着るわけにもいかない。
そんなわけでここ数年、浴衣というよりポリのセオα素材の、夏着物として着れる物を買っていた。
それはどんなに欲しい柄であろうと、綿だという理由で買わないというぐらい。
が、今年はとうとう綿素材を買ってしまった。
しかも、同柄でポリ素材があったにかかわらず。

同じ柄でもポリと綿ではその色の発色、風合いが全然違ってしまう。
特に、渋めの彩度が抑えてある微妙な色合いならなおさら。
ああ、この柄は綿の方でないとだめだ。と思った。
ポリの方の鮮やかさが、並べると私の目にプラスチックっぽく映ってしまった。
たぶんこれはCGとアナログの絵の違いと同じ理屈。

合わせている帯も綿麻素材で、臙脂と黒、生成りの市松柄半幅帯。
今年は珍しく天然素材の夏でいきます。

そういえば…青々庵から出ていた白地に藍で格子とヘチマ柄のも綿で…とても素敵だったなあ。でもそこそこのお値段だけに両方は買えない(悔)
プロフィール

まがね

Author:まがね
絵描き奥田鉄のインフォメーションブログです
錆屋制作所のページに戻る

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる