交流会

大阪の夏にピースサマーという大アートイベントがある。
http://www.peace-summer.com

今年はいろいろあって出展者としては申し込めなかったんだけど、一般参加で作家交流会だけ参加させていただいた。
百人以上の立食パーティである。

もとより絵描きという引きこもりになりがちの状態、そこに引っ込み思案で内向的な性格+ネガティブ思考の三重苦では、横のつながりを持ちにくい。
パソコンで言えば、ネットに繋がってないんである。
作家をやるにはあるまじき、それではちょっぴりつまらない。
そんなわけで、一人ぽつねんと立っていることになるのも覚悟で、作品ファイルを片手に行って来た。

受付を済ませて会場に入ったとたん、うおっ、人いっぱい。
人混み苦手。
この上四重苦発動か!
と思考停止してたら、京都のイラストレーターのHさんがお声をかけて下さり、それからはHさんのご好意に甘えっぱなしでたくさんの作家さんにお引き合わせいただいた。
ただ、初対面の人に如才ない会話がくり出せるかと言えばNOなので、ややテンパった状態、おそらく意味不明に滑りまくった不審人物決定に違いない。
専業プロの方もあれば、私と同じ兼業の方もあり。
みんな自分の世界があって誇りを持っている。
人それぞれの環境があるのだからバカなこととは思うのだけど、以前お門違いにちょっと言われて以来、兼業である後ろめたさ、のようなものがひっそり根付いてしまっていた。
そんなもん、くそくらえなのだ。

Hさんはおしゃれでぱっと見て楽しくなる作品、そして皆さん共通して暖かい作品を描かれる方。
やっぱり作家と作品は似てるの定説どおり。
見た目ってわけじゃなくて、雰囲気、人柄、その人の経験からくる考え方が出るんだと思う。

お料理は大好物の生ハムがですね、大皿にてんこもりされててこっそり大興奮、てっさのように箸でごそっとすくいあげるのを妄想したものの、外見だけはええ歳した大人なのでちゃんと遠慮してトングでちまっと二枚いただいた。
そんなこんなであっという間に時間は過ぎて、参加して良かったなあと大満足。
来年はきっと出展するぞと堅く誓うのであった。
いい作家さんに会えると、いい作品を描こうって原動力をいただけるんだよね。
プロフィール

まがね

Author:まがね
絵描き奥田鉄のインフォメーションブログです
錆屋制作所のページに戻る

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる