豆本を

今回の作品展をご覧になった方は覚えておられましょうか、3点だけCG作品出しておりました。
昔の木版浮世絵っぽく加工し、和紙に出力したものを赤い化粧紙の上に置いてと黒い額に入れ、それらしく。
生霊(いきすだま)シリーズとして、妖怪っていうんじゃなく、女の影の情念っぽい内容で描いたもの。

これが思いの外好評だったから驚いた。

見に来て下さった知り合いの奥さんが、差し入れ?に蛇腹折りの和風豆本ならぬ豆ノートをくださった。

……生霊シリーズを二十以上描いて豆本作りたい。

作りましょう!

6月のコミコミは、安くフルカラー印刷製本できそうなら「朔」の図録的+新作なイラスト集と、手作り「生霊豆本」を新刊で!

と、言ってみておきます。

そんなわけで、6月のコミコミの申込をしなくては。
いつもイベント参加は申込が締切ギリギリで申し訳ない。
プロフィール

まがね

Author:まがね
絵描き奥田鉄のインフォメーションブログです
錆屋制作所のページに戻る

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる