弁慶格子の浴衣

体調崩したって好きなものは好きなんで(笑)
着られるかどうかは別として、今年の浴衣はこのシンプルなモノトーン。

浮世絵なんかではよく見るのに、ありそうでなかったこの大きさの弁慶格子柄。
浴衣でも着物でもいいから欲しくてずっと探していたのですが、
小田章さんとこの金子國義氏デザイン2011新作で発見!
今年着れなくったって、来年があるじゃないか、売り切れて泣くよりいいじゃないか
(いやしかし、休職してるのにこういう道楽をする余裕ないんだけど)

いいじゃん!

てなわけで。

シンプルだけにどんな帯でも合うし、帯次第でイメージがらっと代わるんだね。
ただ私は、粋でかっこいい!というとこに惚れてる弁慶格子だから、
かわいいとか優雅より、メンズライクでハンサムに着たく。


コーデその1
こっくりした錆朱の博多半幅帯とくすんだ狐色のハンチングで


コーデその2
クールグレー地に烏の半幅帯(裏は黒とウォームグレーの市松・ひさかたろまん)、中に襦袢を着て半襟で注し色の着物として。
066.jpg


まあ、私の好みはコントラストがはっきりした感じなんで、こうなる(笑)
帯は少し低めに締めてやの字や貝の口、小さめに結ぶのがいいね。

正直言うと、病気療養のために長かった髪をベリーショートにしてしまったというのもあり、
結い上げたり髪飾りができなくなったのでかわいいコーデは無理、
帽子被ろう! いっそハンチングがいい、と。


今はまだ体を締めたり汗をかくのがイマイチなので、着られるとしたらもう少し先か来年になりそうだけど、
好きなものは見てるだけで幸せだね。

そういえば着物は京好みや大正ロマンが好きだけど、浴衣は断然江戸好みがいい。
三勝さんや竺仙ね。
金子國義氏のラインナップは江戸古典の粋で色っぽい、歌舞伎なものばかりで、どれもいいなあとうっとりしてしまう。

ああ、早く着て出かけたい!
プロフィール

まがね

Author:まがね
絵描き奥田鉄のインフォメーションブログです
錆屋制作所のページに戻る

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる