8月ですよ

先日は神戸のギャラリーで開催されていた中川学さんの
×泉鏡花イラストレーション展、「鏡花のうつくしき女」を拝見してまいりました。
中川さんといえば、僧侶でもあるイラストレーターで、
これも鏡花の「龍潭譚」を描かれ、錫箔装幀の豪華本で話題の方です。
鏡花という、幻想と耽美の、曖昧な薄暗闇を描こうとすると、
得てして私のような湿度の高い薄ぼんやりした表現になりがちであるところ、
ベクター系ソフトのillustratorを使って、マウスでモダンで乾いた画面を紡がれます。

残念ながらご本人にはお会いできませんでしたが、龍潭譚の装丁デザインをされた泉屋さんがいらっしゃり、
とても面白い気さくな方で、随分と長居してお話させていただきました。
龍潭譚、本というより工芸品に近い、その拵えの奇抜さと美しさは一見の価値アリです。

絵かきとしてもデザイナーとしても、こだわりと贅沢を形にされたことに尊敬と羨望を感じます。


で、私の方ですが。
0727.jpg

というわけで、恒例参加の10月の関西コミティアに申込みました、という俗世のお話。


その前に9月はLPジャケ展、
それから11月に大阪にて、東野研斗さんと二人展の予定です。
東野さん、アメコミ風水墨画というか、肉食系わびさびという不思議な世界観を
流麗な筆致で描き出される方です。
私が大ファンなのでものすごい楽しみなんですが、楽しみだけではいられない立場です。
どうしましょうかね(冷汗)

そんなわけで、8月は何かと描き続けることになりそうな。

にしても、毎日酷なほどに暑いですね。
夜になるとなお重く息苦しいぐらいに。

夏は四季の中で一番日差しの色、空気、植栽と、一刻一刻目に見えるほどに
季節が進んでいくのが感じられ、そして衰え立ち去る物悲しさと不安のある季節だと思います。
それがリアルであった子供時代の古き良き夏を懐かしみながら、
今は大人ならではの夏を満喫したいものです。

07302.jpg
プロフィール

まがね

Author:まがね
絵描き奥田鉄のインフォメーションブログです
錆屋制作所のページに戻る

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる