クリマに出していただいてます

12月1日、2日に名古屋で開催のクリエーターズマーケットに出展される、
スペクトラム・ギャラリー様のブースで、
私の作品とポストカード等出していただいてます。
お近くのかたは是非お立ち寄りください。

今年もあと残り1ヶ月を切りましたが、
ギリギリまで仕事が詰まっています。
描きたいものや作りたいものが山ほどあるのに、
時間に追われて、というのをどうにかしたいところです。
睡眠不足で時間に追いまくられとなると、
作品にもそれが出てるしうっかりミスや物忘れがすごいことになってます。
落款を押し忘れて作品をお渡しするとか、ね。

次の展示予定は四月に東京と神戸。

神戸はLPジャケ展でお世話になったカフェニュートラルさんにて一ヶ月間、
東京はミレージャ・ギャラリーさんでJapanese Beauty展に3回目の参加です。
よろしくお願いします。


先日和紙と筆の専門店である空堀近くの筆屋さんに、2年ぶりに寄ったら、
私のこと、2年前に買った筆のことまで覚えていらして冷や汗。
私の展示も見てくださっているそう。
学生さんから全国の伝統工芸の職人さんや日本画や書の大家さんと幅広く商いされているため、
作品を見ればどういう筆でどう書かれているか見抜かれるので、
私の我流やっつけ仕事もよーくご存知。
筆や和紙の特徴、使い方、選び方いろんなことを教えていただく。
私程度には、たぬきもいたちもコリンスキーも分からん。
「ある道具でどうにかする」から、微細なコシなんかにこだわったことなんてないことを、
やんわりとたしなめられた。

でもね、試し書きさせてもらうと、穂先の揃いのよさ、墨含み量の多さ、
そして何より画材屋さんで売ってる筆より安いことは一目瞭然なのです。
穂先の揃いと墨含み量は、制作効率に大きく関わります。

今出回っている筆の大半は、中国で薬品処理されるため、
新品の時から毛のキューティクルがガサガサなんだそう。
筆屋さんのは昔からの、灰などを遣う方法で処理するのでそれがない、
本来の使い心地なんだとのこと。
でもって、筆の持ち方、運筆、手入れ方法まで指導していただいて帰ってきた。
恥ずかしい…。
プロフィール

まがね

Author:まがね
絵描き奥田鉄のインフォメーションブログです
錆屋制作所のページに戻る

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる