大河ドラマ「平清盛」はおもしろかった!

勤め先はまだですが、家仕事は今日で仕事納めの予定。
今年は11月以降仕事以外のことはすべてすっぽかしたような状態。
息抜きや遊べないのはともかく、睡眠時間がとれないのは閉口。
年末は文字通り大掃除が必要な家の中でげんなり。
年賀状も描かなくっちゃ。

お正月休み間は持ち越しの家仕事をする予定。
4月の個展の準備も始めたいし、
10月にイベントでだした漫画の改訂版を早くやらないといけない。
来年もこのペースで続けるのは、体力的にやばいかな。

仕事のために購入したタブレットのワコムインティオス5は
「紙のような書き味」を追求したあまりか、摩擦係数が高く、ペン先の摩耗が激しい。
11月からのクリーンアップの仕事で3本だめになった。
その上、摩耗するってことは先が斜めに鋭くなるってことで、それがタブレット面を傷つける。
スクロールバーがくる右端が特にひどい。
困ったものです。

そういえば、大河ドラマの平清盛が終わった。
評判悪かったそうだが、私的には伊達政宗、利家とまつに並ぶかぶりつきだった。
視覚的に当時の色あいのリアルを追求してあり、できごとを俯瞰した歴史ドラマ視点ではなく、
人間ドラマとして人間関係と愛憎を丹念に描いてあったと思う。
それだけに、見た目が地味で小汚く、迫力や勇壮さには欠けてしまったかもしれない。
しかし判官贔屓な私たちの歴史感情における悪役的な人物を語るには、大局からよりは、
人間清盛を語らざるを得ないじゃないか。
悪役がなした出来事だけをみれば悪でしかなく、そこを理解し楽しむには悪役の事情と感情を知らねばならない。
視聴率史上最低迷は大衆が大河ドラマに求めていたものと違ったせいかもしれないが、
少なくとも前年の「江」のような史実さえ変えた内容であったり、
見た目が綺麗だからって小綺麗でやすっぽい豪華絢爛でごまかすよりずっといい。
NHK大河ドラマ「平清盛」はおもしろかった!

プロフィール

まがね

Author:まがね
絵描き奥田鉄のインフォメーションブログです
錆屋制作所のページに戻る

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる